読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどのおと

まどのノート。日々の記録。

【鑑了】マダム・イン・ニューヨーク

連休前半は体力を使いまくることをしていたので、まったり過ごした中盤戦。

ウェブを見ていたら「女性に見てほしい映画」リストに入っていたのでそうだそうだと鑑賞しました。

インドの専業主婦が、家で一人だけ英語を話せないことで子供にまで馬鹿にされていたけれど親類の結婚式準備のために数週間早くニューヨークに行き、こっそり英会話教室に入って頑張って話せるようになっていくというお話。インド映画の入りは、たいがいパワハラかセクハラという王道パターン(笑)

あまり英語の話せない私が初めてNYに行ったとき、ほかの国より全くもって通じないなと思ったことはあります。ブロードウェイで全く違うチケットを売られて、でもそのまま見たりしました。一方で「私も移民よー」と明るく話す南米女性と、香港出身でカナダに住む学生と3人で日本についてだったり、日本人は中国人のこと嫌いだよね?とかいう微妙な話もして、冷静に伝えればそんなに怖がらなくてもいいんじゃないかと思ったこともあります。

すでに何か国もで一人でふらつき、どの言語の国においても英語がだめならさらに拙いフランス語や日本語やジェスチャーでぶっちぎります。ハワイで、関西弁でコールドストーンアイスを発注したおばちゃんたちを見てから肝だけは座らせることにしました(笑)以降、一人でがつがつ歩くからか、パリで道を聞かれます。

各地行くときは、あいさつとありがとうと、お水とトイレの要求だけ覚えます。あとは死ななければすべては楽しい思い出になる!と考えれば楽ちんです。

ちょうど連休前半に「バックパッカー」だという後輩と話をしていて、バックパッカーの定義って何?という疑問を投げかけてみたら、漠然とではあるけれど、ツアーではなく自分で手配をして、予定をあまり決めずにぶらっとバック一つで訪れることなんだそうだ。私は往復のチケットと宿(一応ホテル)は押さえちゃうけれど、現地では街を歩いているだけだったりするので、片足は突っ込んでいるんだなーと思った次第。まぁ、本人はバック一つでカオサン(タイ)が天国とかいうのですいません、私はそこまでではないです…って感じですけどね(笑)

旅に出たくなった。とりあえずソロツーリングだな。バイクはまさにバックパッカーだと思うぞ。